外国人技能実習生共同受入事業及び外国人技能実習生受入れに係る職業紹介事業

外国人技能実習制度とは?

  • HOME »
  • 外国人技能実習制度とは?

外国人技能実習制度とは?

この制度は、外国人技能実習生へ日本の優れた技能等の移転を図り、その国の産業発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

日本の企業に発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて日本の優れた実践的な技術や技能・知識を学んでもらい、帰国後母国の産業発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度(「出入国管理及び難民認定法」に基づく)です。

「外国人技能実習生制度」の利用メリット

(1) 技能実習生は、帰国後習得技能を発揮することにより、自身の生活の向上を図ることができます。
(2) 技能実習生は、母国の産業や企業において、習得した技能やノウハウを発揮し、品質管理、労働慣行、コスト意識等、事業活動の改善に貢献することができます。
(3) 我が国の実習実施機関(実習生受け入れ企業)にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化に貢献することができます。

技能実習対象職種に該当する企業様は、当組合のような「監理団体」を通じて技能実習生を受け入れることができます。
入国した技能実習生は、受入れ企業様(実習実施機関)と労働関係法令に基づく雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために3年間の技能実習を行います。

お気軽にお問合せください TEL 03-3667-5300 平日10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
JITCO
厚生労働省
Copyright © 地場企業振興協同組合 All Rights Reserved.